加圧トレーニングとは?どのように行うのか

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは、その名の通り加圧してトレーニングを行うことです。具体的には、体の一部分を縛って血流をあえて悪くした状態でダンベルなどを使用します。血流を悪くすると普通の状態でも違和感があって辛くなりますが、その状態でトレーニングをすると通常では考えられないような負荷がかかります。乳酸濃度が高くなるので、その影響で筋肉を増大させる成長ホルモンが大量に分泌されます。故に通常のトレーニングよりも効率的なのです。

危険性はどうなのか?

血流を制限してトレーニングを行うというのは、一見すると危険な行為のように思えます。ただ、基本的にはトレーナーと一緒になって行うものなので安全に取り組むことができます。危険性が生じるのは、自身で勝手に腕などを縛って行うことで間違った方法でトレーニングしても効果を得られないばかりか思わぬ事故が発生するだけです。血管に負担はかかりますが、その分弾力性のある血管を取り戻すことができ健康の観点から見ても良いです。

速筋と遅筋を同時に鍛える

特にスポーツをしている方は速筋と遅筋というワードは馴染み深いですが、簡単に言うと速筋は瞬発的な収縮が可能な筋肉で遅筋は持続的な収縮が可能な筋肉です。なので短距離走選手は速筋、マラソンランナーは遅筋を重点的に考えます。しかし加圧トレーニングであれば同時に鍛えることができるので煩わしさがありません。長くダラダラとトレーニングしても怪我のリスクが増えるので、加圧トレーニングで効率的に済ました方が有益です。

加圧トレーニングなら横浜のジムのサポートの内容を調べることで、筋力トレーニングや減量法などをすぐにマスターできます。